ショパン エチュード(練習曲) 10-4 形式的考察

 

 

 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
 

 

 

 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
 

 

 

 

(提示部)

 

 

提示部 1-32小節

 

 

(提示部-前半部分) 1〜24小節

 

主題が右左交互に提示されます

 

1- cis-moll (右)

5- gis-moll (左)

8- cis-moll (右)

17-  gis-moll (右テーマ3度上)

19-  gis-moll (左テーマ3度上)

21-  b-moll (右テーマ3度上)

23-  b-moll (左テーマ3度上)

 

 

(提示部-経過部分)    25〜32小節

 

 

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  

 

 

 

 

(展開部)

 

 

 

 

(展開部) 33-50小節

 

 

 

fis-moll 属音(cis)ペダル 

gis-moll 属音(dis)ペダル 

gis-moll

ais-moll

減7の連続上昇

主調(cis-moll)の属和音上の両手ユニゾン

 

対位法的(且つロジカル)な提示部と比べやや感覚的

 

 

1拍ごとに和音が変化する忙しい提示部に比べ、展開部の和声は

 

33〜36小節

37〜40小節 (4小節単位)

 

41〜44小節 (2拍単位)で変化します

 

 

 

*42小節3拍目〜43小節2拍目までais-moll(嬰イ短調)で記譜されています

あまり見ない調号です(#7個)

 

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  

 

 

 

(再現部-コーダ)

 

 

 

 

(再現部) 51-70小節

 

コーダ手前の、右手の連続する和音-左手のパッセージの組み合わせ

クレシェンドからのf f f

両手の音域の広がり 

 

(コーダ) 71-82小節

 

(1) 主音(cis)-保続音 71-74小節

(2) 属音(gis)-保続音 75-78小節

(3) 主音(cis)-保続音 79-82小節

 

(1)-(2) 両手1-2-3指の下降する半音的内声

(2) 属音に向かう左手5指の跳躍 

(3) 右手-主和音10度のアルペジオ

 

 

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  

 

  

 

 

(まとめ)

 

 

難しい箇所も多くありますが、全体的に手の形に即したモチーフが連なり

弾きやすく感じる部分もあります

 

 

(1)提示部

(2)展開部

(3)再現部

(4)コーダ

 

まず(1)〜(4)各部分を弾きます

 

(1)+(2)

(3)+(4)

と繋げて弾いてみます。

 

最後に(1)〜(4)通して弾きます

 

 

 

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -