ショパン / エチュード(練習曲) / 10-12 (革命) / テンポを変えて演奏しました

 

 

とてもポピュラーな曲ですが

 

定番のチェルニーのエチュードを含めても

左手のためのエチュードは数が少ないので

貴重な一曲です

  

 

テンポを変えて弾いてみました

 

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

(演奏時間  / 2:31)

 

 


 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(演奏時間 / 2:46)

 

 


 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

タッチや表情付けはテンポに影響されますし

理想的-正解のテンポはないと思います

 

最近ではある海外の学者ピアニストの演奏が興味深くまた参考になりました

この曲を(約4分半)かけてじっくり弾いています

ショパンのテンポ指示 / 歴史的伝統の指示に従った演奏とのことです

他にないユニークな演奏だと思いますが、説得力に満ちた演奏でした

 

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

 

 

 

*調律して4ヶ月経ちますが、そろそろ音程が不安定になってきました