· 

シューマン / 夕べに / 弾いてみました / 和声の考察

 

 

 

幻想小品集 Op.12の第一曲です

 

(きわめて内面的に演奏すること)と指示されています

 音量記号はP と PPのみ

 

両手の和声をバランスよく響かせるのが難しいと感じました

 

 

 

シューマン / 夕べに

 

(*)

ホ長調から変ニ長調に再現する手前の属7の和音は

長く伸ばして弾いています

 

 

 

 

(和声の考察)

 

9-10小節の左手パート

減5度-5度の連続は弾いていて気になりました

 

上段に原譜

下段に和声の修正した楽譜を作成しました

 

作曲者は和声の禁則は知っているはずなので不思議です

ここはどうしても原譜のように音を置きたかったのでしょう

 

 

 

 

左手パート /  9-10小節 / 和声修正

最初に原譜

次に修正した楽譜で演奏しています