音の跳躍 / リスト / 泉のほとりで / 考察 / 指使いの提案


 (考察)

 

両手でとる旋律線

 

右手内声に和声の動きがあります

拍頭毎の2度の響きが泡立つ水のようです

透明感あふれる音楽を演出している要素だと思います

 

 

 

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

 

 

終盤手前の両手の半音フレーズ / 右手の指使い

 

(原譜指定)

16分音符 / 434343434343

8分音符 / 212112121121

 

簡略化した指使いを思いつきました

 

16分音符 / 424242424242

8分音符 /  111111111111

 

原譜指定の指使いはレガートに音がつながるので合理的

 

簡略化した指使いは、より楽に弾けます 

ただし、レガートに弾くには少しコツがいると思います

 

 

 

終盤手前の両手の半音フレーズ / 右手の指使い2種

最初に原譜指定の指使い、続けて簡略化した指使いで弾いています