ラフマニノフ / 練習曲 / 音の絵 / 39-6 / 弾いてみました

 

 

 

作品39の中でユニークなエチュードだと思います

 

せき立てられるような不安感や焦燥感の連続は

(冒頭のモチーフ / 小節をまたぐバスの動き / 内声部の動き)

作品全体の半音階的な上行による性格づけによるものと思います

 

作曲者が語るように(追っかけっこ)を連想させます

 

最低音の(ラ)を使うことも留意していいと思います

 

 

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

 

 (通し)

 

同音連打を含むテーマは両手の音域が重なって少し弾きにくいです

 

展開部はかなり複雑ですが弾きごたえあります

 

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -