ラフマニノフ / 練習曲 / 音の絵 / 39-5 / 弾いてみました

 

 

 

曲の規模といい内容的にも

バラードやソナタと言って良いのではないでしょうか

 

個別の奏法を追求したエチュード(練習曲)と言うより

テノールの旋律が印象的で、また叙情性を感じさせる音楽になっています

 

 

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

(通し take1)

 

 

 

 

  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

(通し take2)

 

*テーマ / ペダル少し浅めに踏んでいます

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

 

所々ミスもありますが、もう少し弾き込んだら

手に馴染むだろうと思いました

 

先月までは良かったのですが

今月に入って調律が悪くなってきたので

録画takeを重ねるのは止めました

 (次回調律が7月)

 

 

 

 

 

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -