ラフマニノフ / 練習曲 / 音の絵 / 33-1 / 弾いてみました / 三段譜の処理

 

 

 

 

変拍子の小節 / 一拍ごとに変化する和音の処理など

全体的に細やかな配慮の行き届いた作品だと思います

 

ブラスバンドが演奏する行進曲を連想します

 

動的な部分と静的な部分との対比があります

  

 

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

三段譜(56-61小節)の部分は

右手/左手の音の振り分けに工夫が必要です

 

自分は下記のように振り分けて弾いています

(ピンクで印をつけた音符が左手 / それ以外は右手)

 

 

(*)

(64-65小節)の両手がクロスする部分は

そのまま弾くと難しかったので

一部ですが右手と左手のパートを入れ替えて弾きました

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

 

 

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -