AVALON VT 737 SP / 入手しました / Vintage Vibe Electric Piano / テスト演奏

 

 

 

 

マイクプリアンプ / チャンネルストリップ / AVALON VT737 SP

を入手しました

 

チャンネルストリップとは

スタジオにある録音卓の1トラック分を指します

 

1トラックの中に

入力 / コンプレッサー / イコライザー / 出力

が組み込まれています

 

AVALON VT737 SPは

真空管が組み込まれて音質に定評があります

 

主にVintage Vibe Electric Pianoの録音に使う予定です

 

コンプレッサーとイコライザーのテストを兼ねて録画しました

 

いつもは私の演奏している姿が写っていますが

今回はAVALON VT737 SPのアップで固定されています

 

中央のVUメーターが動いているだけの画面ですが

音質の変化に関心を寄せていただければと思います

  

 

 

(コンプレッサー)

 

スレッショルド / -5db

レシオ / 1:5

アタック / fast

リリース / 中くらい(目盛り0時)

 

コンプレッションが浅めにかかるようにセットしました

 

 

 

テスト演奏

 

 

 

(1) 0:00-1:47 / コンプレッサーなしで演奏 / compressor off

 

(2) 1:47-4:15 / コンプレッサーありで演奏 / compressor on

  

(コンプレッサーなし)

非常に音質が良いと感じました

音に透明感があります

 

(コンレッサーあり)

自然なコンプレッションが気持ちいいです

音を圧縮した結果、少しだけ歪んだ音に聞こえます

昔のローズピアノの音っぽいです

 

 

 

 

 

 

(イコライザー) 

 

 

下の4つのつまみの数値の細かさを見ると

かなり細かく音作りができそうです

(15Hz / 32KHz / 可聴範囲を超えた部分まであります)

 

今回はTREBLE /10KHzに合わせてテストしました

他のBASS / LOW MID / HIGH MID /は目盛り0に合わせて動かしません

 

 

 

テスト演奏

 

 

VT737 SPのイコライザー / TREBLE / 10KHz

/ 0/+6/+20/-6/-20(db)に合わせて

Vintage Vibe Electric Pianoを演奏してみました

(同じフレーズを繰り返し弾いています)

 

 

目盛りを右に回すと高音が強調されていきます

逆に左に回すと高音が減っていきます

 

各々の音色の個性があり面白いです