ショパン / ノクターン 5番 / 嬰へ長調 / 弾きました

 

数あるノクターンの中でポピュラーな一曲です

 

右手の自由な装飾パッセージは即興的な要素を含んでいて

また自然な音の運びで綴られています

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

中間部 / Doppio moviment.の右手は5連符で記譜されていますが

左手との縦の関係を考えると(3連符 / 6連符)的な解釈でいいと思います

 

(*)拍子 / 音符の長さを変更し、両手の縦の関係をわかりやすく示しました

 

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

(通し)

 

あまりルバートをかけずに弾きました

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -