· 

ラベル / 水の戯れ / 弾いてみました / (加筆) 和声考察メモ

 

 

学生の頃、この曲を和声分析した時は

曲の完成度の高さに圧倒されました

 

好きな作曲家の一人でしたが

ピアノ曲よりもオーケストラスコアを眺めることが多く

今まで弾くことは少なかったと思います

  

この機会に

いくつか弾いてみたいと思います

 

 

 

両手の音域が重複する場面がいくつかあります

 

60-61小節はそのままだと弾きにくかったので

両手のパートの一部を入れ替えました

 

 

 

ラベル / 水の戯れ

 

時間をかけて、精度を上げていきたいと思います

 

 

 

(展開部) / 和声考察メモ

 

 

ラベルの和声は付加音付きの和音や分数和音など多用し

当時の音楽に新しい響きを加えました

 

水の戯れは、冒頭と最後の和音が

長7度を含んだ和音(メジャー7th)です

当時としては斬新な和声が耳新しかったと思います

 

一方、展開部は前時代 / ロマン派的な和声進行が目を引きます

この部分はリスト作曲と言われても違和感がありません

以下にコードネームを付け、示します

 

 

 

展開部(a)

 

 

 

 

 

展開部(b)