2020年10-12月

2020年10-12月 · 2020/12/11
(ノイズ問題) Rhodes Pianoの(ノイズ)問題は昔からよく言われています ネットで調べるとこの話題でいくつかヒットします 同じような構造のVintage Vibeも(ノイズ)を拾いやすい楽器です 購入当初から演奏中に時折(ノイズ)が鳴っていました 元からそんな特性を持った楽器なので 多少の(ノイズ)はしょうがないと割り切っていました...
2020年10-12月 · 2020/12/03
アドリブを自由に(自然に)弾いてみたいけど やり方がよくわからない方は案外多いと思います アドリブのアプローチは色々ありますが 主に2つあります (1)コードの構成音を使う (2)音階を使う(音列を作る) ここでは(2)のアプローチを考察します (音列を作る)と書いてますがこれがポイントだと思います コードの響きに合わせて音列を作っていきます...
2020年10-12月 · 2020/11/26
前回はスピーカーから出た音をマイクで拾って録りましたが 今回はライン録りを試してみました - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2020年10-12月 · 2020/11/08
70年代 / 80年代にかけて音楽シーンでは Fender(フェンダー)社のRhodes Piano (ローズピアノ) と言う電気ピアノが使われました モデルMark1 Mark2が有名ですが 現在もMark7がアメリカで発売されています この楽器でしか出ない個性的な音色を持ち いつか手に入れたいと思っていました - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2020年10-12月 · 2020/11/01
作曲家 / シンセサイザー奏者 / 冨田勲氏は 尊敬する音楽家の一人です 冨田氏の作品はたくさんあります 中でも氏が作曲したNHK番組の音楽は 多くの方に馴染み深いと思います youtubeの音源から採譜(耳コピー)して ピアノアレンジしました - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2020年10-12月 · 2020/10/13
作品10の中で好きな曲です 形式はシンプルですが 右手パートは非常に弾きにくいです よく比較される25-6の方がまだ弾きやすく感じます - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2020年10-12月 · 2020/10/06
酒とバラの日々をアプローチを変えて弾いてみました - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2020年10-12月 · 2020/10/04
去年のちょうど今頃、25-6を弾いていました 今回、確認の意味もあって 右手の重音パートを分類して 分解練習してみました 左手は単音バス(もしくは重音)で演奏しています ペダルは使いません - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2020年10-12月 · 2020/10/01
この2曲は共通の雰囲気を持っていると感じます 25-6を(氷上を滑るソリのような音楽)と例えた評を見たことがあります 32-12も同じような印象を持ちます 作曲年代が ラフマニノフ 作品32(1910) ショパン 作品25(1832-1836) 80年近く年代差があります - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 冒頭は作りが似ています...